在宅医療とは

 身体・健康上の理由で通院が困難な方、介護者の負担により通院が困難な方、病院退院後ご自宅で療養を送りたい方などに対して、在宅で療養生活を送れるように患者様のご自宅で、訪問看護師やケアマネージャーとも密に連絡をとり合いながら実現していく医療です。

 

 定期的な訪問計画を作成し、医師が患者様の自宅にお伺いし診療致します。お薬の処方や採血検査などもご自宅で行います。必要がある場合は、心電図や超音波機器などもご自宅にお持ちし検査も行えます。定期的に診療することで、ご状態の把握ができ、介護申請に必要な主治医意見書や訪問看護指示書、マッサージ同意書等、必要書類の作成も致します。また、病状の変化等にて入院が必要な場合やご希望される場合は、入院先もご紹介致します。

 

 在宅での医療は、ご自宅が病室であり、私たちが病棟主治医、訪問看護師が病棟ナース、電話がナースコール、道路が廊下で街が病院とお考えください。退院や退所でお悩みの方、自宅で静養したい方、気軽に自宅で医療相談を受けたい方、障害等にて通院の待ち時間が長く自宅での診療を希望する方などご本人様や、認知障害、引きこもり等で医療機関に受診させることのできないご家族様、ケアマネージャー様等からのお申し込みをお受けできます。

 

 また、病院で手術・点滴等の治療の後、自宅での静養を病院の主治医より勧められご帰宅したい場合などは、ご紹介状をご用意いただけます様お願い致します。

 

訪問診療開始の実際は、次のページをご覧ください。

 

 

Tel  045-580-1021

Fax 045-580-1022