訪問看護室(看護師募集)

 

 2年に一度の行政の医療費改訂がH28.4月にありましたが、急速に高まる事が予想される高齢化と、患者様の思いの多様化・個性化もあり、病院から『自宅に』静養先を選択される方々が多くなることが予見されます。

 

 

 また、訪問看護の医療報酬面からも、行政側は重篤な患者様への訪問看護業務に強く期待をしている事がうかがえます。しかし地域医療を日々実践していますと、重篤な患者様に訪問看護がない事に遭遇します。

 

 

 その場合、介護保険での介入症例では、ご家族の区役所への介護保険申請→主治医意見書→ケアマネージャー選定→ケアプラン作成のもと、訪問看護実施となります。この時間的経過を待てる方は待って頂いてよいと思いますが、本当に待てない患者様はどうしたらいいか?

 

 

 医療保険での訪問看護は、特定疾患や末期がん等が対象になります。介護保険での訪問看護は比較的軽症の方が多いですが、医療保険で介入しなければならない重篤な方々には、よりスピードと訪問看護回数や人数などの”量”が要求されます。

  

 

このため現在も多くの訪問看護ステーションと連携していますし、今後もこの連携は欠かせません。しかし実際には、連携している訪問看護ステーションの人的状況は不明で、急に多くの看護量を要する患者様をお頼みできるかわからない事が多くありました。そんなときあるケアマネージャー様から看護師のご紹介を頂きました。(現在もご勤務されています)

 

 

このような社会的状況と地域の、”早さ・迅速さ”と”看護量”の必要性から、当院からの訪問看護ができる体制を整えました。まだ、いわゆる訪問看護ステーションではありません。クリニック付けの”訪問看護室”です。主治医はすべて当院の医師です。

 

 

このため当院の訪問看護室の業務は、診療と看護が一体となっています。綿密な連携を医師と常に取れ、日々のカンファレンスにも参加できます。また当院は内科と共に精神科、皮膚科も併設しており、在宅療養でお悩みの患者様に特有の、心理的なお悩み、皮膚疾患合併にも対応できます。看護の”質”もとても良いと自負しています。

 

 

ご家族や介護者の精神的ケアも医師・看護師含めスタッフ全員で心掛け、当院は年間約100名の在宅看取りの実績があります。お看取り後もご家族からは、“感謝の言葉”も頂けています。

 

 

また、ご勤務頂く看護師にも生活があり、多くの需要を支えるには、様々な勤務体制をお聞きし、スタッフ全員で支えあう必要性があります。実際に当院は子育て中の方々、資格取得の為に通学中の方、訪問業務は始めて間もない方もご勤務頂けています。

 

今後も当院スタッフとしてチーム一丸になり、24時間地域の看護需要を支えていきたいと考えており、そのためには多くの方にご勤務頂けるようにと考えています。

 

 

訪問看護業務は、今までの様々な看護経験をフルに発揮いただき実践できる現場です。当院の訪問看護は、病棟業務より変化に富み、求められ、感動が生まれ、日々の働く喜びがあります。現在の医療情勢からも、行政の考えも、今後の訪問看護はより重篤な方への対応ができる人材がより重宝される事となるでしょう。

 

 

 患者様・ご家族様、当院スタッフとの関わり合いから生まれる新しい価値観の発見を楽しみつつ、医療連携がとれたクリニック付けの訪問看護室ならでは環境で、『家で過ごしたい!』と望む通院困難者、重症者や末期がん症例への看護対応のキャリアアップを、是非繋げてください。

 

 

最後までお読みいただき感謝いたします。

 

 

医療法人社団優麟会 

ハートクリニック 

小泉 聡

 

 

看護師募集

 

  求人、採用についてのご質問お問い合わせは

  heartclinicsaiyou@gmail.com

  までお気軽にご連絡ください。