ご挨拶

 

当院では、平成27年4月から訪問リハビリテーションを施行しています

 

在宅療養中の患者様で訪問リハビリテーションをご希望の方がおられましたら、主治医からの診療情報提供書(紹介状)を頂けましたら”訪問リハビリ可能”です。

 

訪問リハビリテーションをすることで、身体能力維持・向上、生活の質の向上、自立した生活、介助負担の軽減、疼痛軽減、要介護度の軽減などが図れます。また日常生活の相談も受け付けております。

 

主治医が当院でなくても訪問リハビリテーションを行うことができますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。

 

不明な点があれば担当事務:榊または大西までご連絡いただければと思います。 

宜しくお願い致します。

 

ハートクリニック     

 

理学療法士 川上 純子

     

介護事業所番号:1410110015

 

 

 

現在の空き状況               平成29年12月8日現在
  日曜日

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

 土曜日
9:00  

×

× × × ×  
10:00

×

× × × ×
11:00 × ×

×

× ×
14:00 ×

×

× × ×
15:00

×

× × × ×
16:00 × × × × ×
注1)時間は目安となります。詳しくは理学療法士 川上または事務 大西、榊までお願いします。
注2)祝日はお休みとなります。
注3)訪問エリア:鶴見区を中心に、港北区、神奈川区、川崎市の一部。詳しくはご相談下さい。

 

 

 

【診療日】

 

診療日:月曜日~金曜日 9001730

 

休診日:土、日、祝日

 

 

 

【対象者】

 

要介護、要支援の認定を受けている方、または申請中の方

 

主治医に訪問リハビリテーションが必要と判断された方

 

※公費をお持ちの方、自費でのご利用を希望される方もご相談ください

 

 

 

【具体例】

 

・自宅内、または屋外を歩くのに不安がある

 

・起き上がる、座る、立つなどの動作がうまくできない

 

・後遺症があり料理や掃除など日常生活上の行為がうまくできない

 

・痛みがある

 

・筋力、体力をつけたい、落ちないようにしたい

 

・寝たきりにならないようにしたい

 

・自宅での運動方法がわからない

 

・ご家族の介助負担を減らしたい、介助方法に不安がある

 

・退院後、在宅生活を送るにあたり環境に慣れるまで不安がある

 

・福祉用具の選び方、使い方がわからない

 

・住宅改修をどのようにしたらいいかわからない

 

・リハビリはしたいが外来リハビリや通所リハビリは難しい

 

 

 

 

 

【費用の目安】

 

訪問リハビリテーションは介護保険が適用されます。

 

(要介護者・自己負担1割の場合)

 

訪問リハビリテーション費

1回(20分)

302単位

140分利用の場合

660円程度

160分利用の場合

990円程度

リハビリテーションマネジメント加算

1か月につき60単位(60円程度)

または150単位(150円程度)

短期集中リハビリテーション

実施加算

退院/退所/認定日から起算して3ヶ月以内に個別リハビリを実施した場合、1200単位(220円程度)が加算されます。

 

 

 

(要支援者・自己負担1割の場合)

 

訪問リハビリテーション費

1回(20分)

302単位

140分利用の場合

660円程度

160分利用の場合

990円程度

訪問介護サービス提供責任者に対する

指導・助言加算

指導・助言を行った場合に3ヶ月に1

300単位(300円程度)

短期集中リハビリテーション

実施加算

退院/退所/認定日から起算して3ヶ月以内に個別リハビリを実施した場合、1200単位(220円程度)が加算されます。

 

1回の訪問につき、604単位(40分)または906単位(60分)の訪問リハビリテーション実施

  を標準としています。

 

・一部医療保険でのリハビリ実施となることがあります。

 

・交通費は保険診療外ですが、基本的にはいただいておりません。ただし、時間外などの

 ご利用の場合は、別途交通費をいただくことがございます。ご了承ください。

 

 

 

訪問リハビリテーション実施に伴うその他の費用について(医療保険の適用になります)

 

時期

内容

1割負担の方

3割負担の方

3か月毎

診療情報提供書

250

750

 

当院が主治医ではない患者様につきましては、約3ヶ月毎にご本人の主治医にリハビリテーションの実施状況をご報告させていただくために診療情報提供書を作成いたします。費用は医療保険にてご負担いただきますのでご了承ください。

 

 

 

【ご利用の流れ】

 

 

 

 

 

 

.患者様、ご家族、ご担当ケアマネージャーまたは、病院担当者より当院までご連絡ください。

 

.当院以外の患者様は診療情報提供書(紹介状)のご準備をお願いします。

 

リハビリを開始するにあたり、患者様の主治医よりリハビリの必要性等を含めた診療情報提供書(紹介状)をご用意して頂きます。主治医の先生へご依頼頂き、ご郵送か当院窓口までお持ち下さい。カルテの作成等がございますので、医療保険証、介護保険証、介護負担割合証等のコピーもご用意下さい。

 

. ご希望日を確認し、患者様、ご家族、ケアマネージャーと日程調整を行います。

 

4.訪問リハビリテーションの開始となります。

 

初回日または事前にサービス担当者会議、リハビリテーションマネジメント会議を実施し、リハビリの計画等をご確認頂き、訪問リハビリテーションを開始します。

 

訪問リハビリテーション時は必ずしもご家族の同席は必要ありません。ご家族への介助指導など必要に応じて同席が可能な日を調整させて頂きます。

 

.訪問リハビリテーションの終了について

 

目標達成や生活様式が安定すれば終了させて頂きます。

 

終了となった後でも生活に変化が見られた場合や新たな希望が出てきたときには再度開始する事ができます。

 

 

 

【リハビリテーションの内容】

 

主治医の診療・指示に基づいた訪問リハビリテーション計画を作成し、ご利用者様に同意を得た上でリハビリテーションを行います。

 

 

 

面談・問診

 

患者様、ご家族にご希望や心身の状態、生活上の困難な点などを伺います。また住環境を確認させて頂きます。

 

 

 

ご状態の確認

 

筋力や柔軟性など体の特徴や、動作などを拝見させて頂きます。それらの結果と問診などから得た情報を踏まえ、現在の状況を総合的に判断し課題を絞り込みます。

 

 

 

身体的アプローチ

 

ご状態確認の結果から、必要な筋力強化練習やストレッチ、歩行練習などの持久的な運動などを行います。

 

 

 

日常生活動作練習

 

個人個人の体の特性に合った方法を検討して、食事、入浴、トイレ、更衣、整容などの各動作を練習します。またご家族にも介助方法や注意点などをお伝えします。必要に応じて医師の許可を得て外出の練習も行います。

 

 

 

住宅環境の整備

 

住宅改修、補助具の選定、使用などのアドバイスを行います。

 

 

 

ホームプログラムの作成

 

ご状態確認の上、ご自身でできる運動や、ご家族と一緒にできる運動などをお伝えします。

 

 

 

その他、様々な生活上の困難に対するアプローチをご状態確認の上行います。

 

ご不明な点がございましたらご連絡下さい。