訪問看護室(ご説明)

 

 訪問看護は疾患により”介護保険”と”医療保険”での介入に分かれます。介護保険はご家族やご本人の区役所への介護保険の申請と主治医意見書を要します。ケアマネージャーをご家族、ご本人が選定し、ケアプラン作成のもと介護保険での訪問看護実施となります。

 

 

 医療保険での訪問看護は特定疾患や末期がん等が対象になります。介護保険での訪問看護は比較的軽症の方が多いですが、医療保険で介入しなければならない重篤な方々には、よりスピードと訪問看護回数や人数などの”量”が要求されます。そのため、末期がんの場合は複数の訪問看護ステーションの介入が許可もされています。

 

 

 しかし、末期がんのケースで、複数の訪問看護ステーションが介入しても、ほとんどの場合一つにしぼられていきました。実際には『緊急時どっちの看護師を呼んでいいかわからないから』などが要因でした。連携を常と医療者、看護師は思っているものですが、ひとつの訪問看護ステーションよりステーションが複数であれば、情報は散漫になりやすいのは仕方が無いところです。

 

 

当クリニックは鶴見区および周辺4区に訪問診療を行っており、その地域の信頼できる訪問看護ステーション(約20ヶ所)と連携しています。今後もこの連携は欠かせません。

 

しかし、前述の、”早さ・迅速さ”と訪問看護回数・日数や人数などの”看護量”を提供していきたい思いから、『ハートクリニックの訪問看護』ができる体制を整えました。いわゆる訪問看護ステーションではありません。クリニック付けの”訪問看護室”です。

 

 

末期がん等で、”早期介入”と訪問看護”量”を特に必要としている方が対象であり、当院の看護師をご希望頂きましても、ご病状から要望にお応えでき無い事があります。

 

何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

 

医療法人社団優麟会 

ハートクリニック

045−580−1021

 

 

ご質問 

 

訪問診療